不妊治療説明会

私は結婚して2年なかなか子供に恵まれることが出来なかったので、まだ年齢も20代後半でしたが妊活を始めました。

主人はあまり乗り気ではなく、まだ若いんだし焦ることはないと言っていましたが、私が子供をとても欲しいことは知っていたので文句をいいながらも、付き合ってくれている感じでした。

まずはインターネットでいろいろと調べ病院を探しました。
家の近くに総合病院で不妊治療が受けられることを知ったので、病院に問い合わせしました。
病院では不妊治療を受ける前に説明会に出て頂いています、是非ご参加お願いします。
と言われたので説明会に主人と二人で参加しました。

ドキドキしながら説明会に向かうと、暗い顔をした女の人たちが集まっていました。
私が一番驚いたことが、女性一人での参加が多いことでした。もっと夫婦参加される方ばかりだと思っていたので、その光景になんだか胸がくるしくなりました。

説明会ではやはり私は最年少のようで、帰り道にまだ早いんじゃないの?と主人にも言われましたが、不妊治療を受けることは私の中で決まっていました。

後日病院に行き、まずは検査から始めましょうと言われ、それからは検査の連続でした。初期検査を全て終え、フーナーテストなども終わったところで私の中でまずはタイミング法かな?と思っていました。
ですが医師は「人工授精を始めましょう」と思ってもいなかったことを言われました。

え?なんで?と頭が動かなくなる私に「子宮の入り口で精子が死んじゃって中に入れてないみたい」とショックなことを言われました。「大丈夫、人工授精でとりあえず様子を見てみよう」と先生は励ましてくれましたが、私は何も言えませんでした。

そして納得しました。だからあんなにがんばっても子供が出来なかったんだなと。
不妊治療をまだがんばっている途中ですが、あの時行く決意をしてよかったなと、今でも思います。

闇雲にがんばって理由がわからずに悲しい思いをするよりも、確実に合否結果をだしてくれる治療が私にはあっているからです。
これからも妊活は続きますが、がんばって行こうと思っています。

(東京都 そちゃさん)




私の妊活は基礎体温、子宝草、木村さん

妊活、というと今でこそメジャーな響きかと思いますが、私が長女を妊娠した6年前はまだ妊活という言葉はなかったと思います。
けれど、今考えると、妊娠したくてジンクスを試してみたことなど、今で言う妊活だったのかなとちょっと笑ってしまいます。
私は結婚してすぐ子供ができることを望んでいました。
もともと交際期間も長かったので、いつうっかり出来てもいいという心構えでいました。
ところがすぐというすぐには出来ず、妊娠を期待しては生理が来てショックをうける・・などということが続きました。
私がやってみたことは、まず基礎体温を毎日きちんとつけること。
それと、ネットで知り合った方から子宝草という植物を分けていただいたこと。
あとひとつは、当時話題になっていた子宝の神様「木村さん」をプリントし、部屋に貼ったり、携帯の待ち受けにしたりしていました。
木村さんというのは、今周りの人に話しても知らない人もいるのですが、福耳をした優しいお顔の子宝の神様です。
実際木村さんを待ち受けにして妊娠したという方も多いようですね。
という私も木村さんの影響で妊娠できた一人なのかもしれません。
何が効いたのかはわかりませんが、妊活を始めて半年で授かることができました。
ちょうどその頃、赤ちゃんが欲しいと張り切りすぎていた気持ちを少し落ち着かせて、もう少しリラックスしていこうと気持ちの変化があった頃でした。もしかしたら少し気持ちを和らげてリラックスしたこともよかったのかなとも思います。

(埼玉県 まろんさん)




私が妊娠できた時にしていたこと

昨年のクリスマスの日に出産しました。
妊娠、出産までの道のりは・・・遠かったですね。

妊活を始めて、最初の妊娠は流産。
次の妊娠まで思っていた以上に時間がかかりました。

妊活をしている時は、長いトンネルの中にいるようで。
ずっと苦しかったです。

今回は妊娠してる気がする!って。
何度も何度も思いました。(妊娠してませんでしたが。)

そんな私が、妊活中にしていたことを書こうと思います。
特に、妊娠した周期にしていたことを。

私は、AMHの数値が年齢の割にすごく低くて。
そのことをすごく気にしていました。

残存している卵子の数が少なくても、
質さえよければいいってことは知っていましたが、
質、なんて自分ではよくわからないので。

卵子の質を上げる、と言われている、
ルイボスティーをホットで飲むようにしました。

体温を下げないように、で、ホットです。

それと、ルイボスティーに
ジンジャーの粉末も入れてましたね。
そうすると、身体がカッとあたたかくなるんですよ。

次にしていたことは、ウォーキング。
できるだけ歩くようにしていました。
運動した方が気分転換にもなりますし。
無理はしない程度に歩いていました。

他には、葉酸も摂っていましたね。
妊娠前から摂取する事が好ましい、と書いてあったので、
妊活中はずっとサプリメントを飲んでいました。

葉酸は、DHCで買ったものです。
妊娠中も飲み続けていました。

それにプラスして。
排卵誘発も行いました。飲み薬と注射、でしたね。

今まで何度もしてきていたので、
今回も無理だろう・・・なんて。諦め半分でした。

主人の仕事の都合上、
タイミング的に難しい感じだったんですが・・・
なぜか妊娠することができました。

妊娠できた時は、信じられなくて。
あんなに望んでいたくせに、すごくビックリしました。
そして頑張ってよかった、心から思いました。




ニキビ洗顔は汚れを落とす、引き締める、発生させないが基本です

ニキビの原因は、皮膚の傷みや皮脂汚れなどで炎症を起こすからです。
炎症を抑えるためには肌を清潔に保つ事が大切です。

洗顔をする時には必ず「ぬるま湯」を使います。
必要な皮脂を落とすこともなく、肌にも刺激が少ないです。
化粧落としは食用の「オリーブオイル」を使い、化粧と馴染ませて洗い流します。
洗顔料を洗顔ブラシで泡立てて、毛穴を意識してクルクルと回しながら優しく洗います。

ニキビ洗顔の時のお勧めコスメは、
泡立ちが良い「DHCマイルドソープ」と
筆がとても柔らかく肌のざらつきが解消される「洗顔専用熊野筆(やわらかめ)」です。

洗顔料をしっかりと洗い流した後は、柔らかいタオルで顔を押さえながら水分を吸わせるようにとります。
間違ってもゴシゴシと拭き取ってはいけません。

その後、冷蔵庫で冷やしておいた化粧水をつけ毛穴を引き締め、いつも通りのお手入れをしてください。

洗顔以外でも、お化粧をする時にポイントがあります。

余分な皮脂発生を防ぐ為に、お化粧の仕上げでTゾーンにベビーパウダーをのせます。
お勧めは「ジョンソンベビーパウダー(ラベンダー&カモミール)」で、香りがスッキリとしています。

汗や皮脂を抑えるので化粧崩れしにくく一石二鳥ですよ。

(広島県 Rさん)

ニキビ跡を治す方法はこちら