不妊治療説明会

私は結婚して2年なかなか子供に恵まれることが出来なかったので、まだ年齢も20代後半でしたが妊活を始めました。

主人はあまり乗り気ではなく、まだ若いんだし焦ることはないと言っていましたが、私が子供をとても欲しいことは知っていたので文句をいいながらも、付き合ってくれている感じでした。

まずはインターネットでいろいろと調べ病院を探しました。
家の近くに総合病院で不妊治療が受けられることを知ったので、病院に問い合わせしました。
病院では不妊治療を受ける前に説明会に出て頂いています、是非ご参加お願いします。
と言われたので説明会に主人と二人で参加しました。

ドキドキしながら説明会に向かうと、暗い顔をした女の人たちが集まっていました。
私が一番驚いたことが、女性一人での参加が多いことでした。もっと夫婦参加される方ばかりだと思っていたので、その光景になんだか胸がくるしくなりました。

説明会ではやはり私は最年少のようで、帰り道にまだ早いんじゃないの?と主人にも言われましたが、不妊治療を受けることは私の中で決まっていました。

後日病院に行き、まずは検査から始めましょうと言われ、それからは検査の連続でした。初期検査を全て終え、フーナーテストなども終わったところで私の中でまずはタイミング法かな?と思っていました。
ですが医師は「人工授精を始めましょう」と思ってもいなかったことを言われました。

え?なんで?と頭が動かなくなる私に「子宮の入り口で精子が死んじゃって中に入れてないみたい」とショックなことを言われました。「大丈夫、人工授精でとりあえず様子を見てみよう」と先生は励ましてくれましたが、私は何も言えませんでした。

そして納得しました。だからあんなにがんばっても子供が出来なかったんだなと。
不妊治療をまだがんばっている途中ですが、あの時行く決意をしてよかったなと、今でも思います。

闇雲にがんばって理由がわからずに悲しい思いをするよりも、確実に合否結果をだしてくれる治療が私にはあっているからです。
これからも妊活は続きますが、がんばって行こうと思っています。

(東京都 そちゃさん)