メラトニンの効果はまだ良くわかっていない

メラトニンとは、目から入ってくる光の量に反応して体を覚醒させたり休ませたりする指令をだ睡眠に関わるホルモンです。

細胞の核やミトコンドリアDNAを保護する役割や抗酸化作用があるとされ、アンチエイジングやガンの治療にも役立つと考えられています。

不妊治療では、その抗酸化作用によって、女性側の卵子の質の改善や、受精率、着床率の上昇を期待して利用されています。

高齢で妊娠を目指す人などで、卵子の老化が気になる人には使ってみたくなる要素が多いサプリと言えるでしょう。

また、そもそも睡眠に関するホルモンなので、睡眠障害のある人には睡眠の質の改善をすることで、結果として不妊治療の根本となる体調を整える作用があると考えられます。

これは男女ともに利用できる点です。

サプリメントについては、特に重い副作用があるという報告は少ないようなので、どうしても気になる場合は試してみてもいいと思います。

しかし、実際はまだ研究の歴史も浅く、はっきりとした効果があるとされているわけではありません。

サプリを飲んだから不妊が治ると言う事は現状では言えない状況です。

また、逆に妊娠を阻害する可能性があるという医師もいるので、個人で勝手に判断せず、病院などに相談してから利用したほうがいいでしょう。

(神奈川県 川崎市 きみえさん)

メラトニン不妊